大阪の美容皮膚科ランキング > 美容皮膚科について > 肝斑に効果のあるレーザートーニングとは?

肝斑に効果のあるレーザートーニングとは?


美容治療にはたくさんの治療方法がありますが、その中でも最近人気を集めているのがレーザートーニングです。
ここではレーザートーニングについてまとめてみましょう。

レーザートーニングとは?

レーザートーニングとは、加齢とともに起こる肌のシミ、そばかす、肝斑、あざなどの色素沈着をレーザーを照射することで薄くしていく治療法になります。
特にレーザートーニングは肝斑やくすみを感じている肌症状の方におすすめの美白治療になります。
これまで肝斑になるとどうしようもなく、そのまま放置するという人が非常に多い現状がありました。
しかし肝斑もレーザーでの治療が可能になったのです。
それがレーザートーニングです。
最新のトップハット型レーザーを弱い出力で患部に照射させます。
他のQスイッチレーザーでは出来なかった、肝斑からの肌の若返りが期待でき、ダウンタイムが一切ないので肌への負担も最小限に抑えることができます。
レーザートーニングは、メラニン色素の吸収特性の1064㎚の波長を使用して、肝斑を含むくすみなどの皮膚表面色調を改善できる治療になります。
周囲の組織にダメージが加わることはないので、肌全体の色素改善や肝斑改善が期待でき、美白治療におすすめです。
またレーザートーニングは、ロングパルスレーザーも搭載しているので、肌質改善、若返り治療まで幅広いニーズに応えた治療に対応できるでしょう。

肝斑に効果のあるレーザーは少ない!肝斑にお悩みならレーザートーニングがおすすめ

一般的なシミや色素沈着であれば他のレーザー治療でも効果を発揮してくれますが、肝斑の場合、肝斑に効果のあるレーザーで治療を行わなければ色調の変化は改善しません。
レーザートーニングは、肝斑に効果が期待できる数少ないレーザー治療機器であり、安全にかつ効果的に治療をおこなえます。
またレーザートーニングは肝斑治療はもちろんのこと、肌全体のくすみや毛穴の黒ずみ、ニキビ跡の色素沈着、そばかす、老人性色素班に対する治療にもおすすめです。
レーザートーニングの治療は1回きりの治療ではなく、定期的に継続して照射を受ける必要があります。
また内服薬やエレクトロポレーションなどを併用することで、より治療効果は高まります。

美容皮膚科で可能な施術

大阪のおすすめ美容皮膚科

PAGETOP
徹底比較ランキング