大阪の美容皮膚科ランキング > 美容皮膚科について > 美容皮膚科と保険診療について

美容皮膚科と保険診療について


何故、美容皮膚科は自由診療なのか

一般的に美容皮膚科は自由診療を意味し、診療に掛かる費用は全額自己負担になります。

では何故、美容皮膚科は自由診療という扱いになっているのでしょうか。

何故なら美容皮膚科の施術は、医学的に必要のある施術ではない/em>とされているからです。

例えば顔にシミができたからといって、そのシミがあっても医学的には何も問題はないのです(=病気ではない)。

つまり見た目の施術として捉えられているため、全額自己負担になっている/em>のです。

しかしここにきて、美容皮膚科と一般皮膚科を併用するクリニックが増えてきている/em>のです。

※一般皮膚科=保険診療(基本的に3割負担)

ということでこの項では、美容皮膚科と一般皮膚科を併用しているクリニックについて触れてみたいと思います。

美容皮膚科と一般皮膚科を併用するクリニック

どうして、美容皮膚科と一般皮膚科を併用するクリニックが増えてきているのでしょうか。

実は、美容皮膚科と一般皮膚科を併用するクリニックには特徴があるのです(すべてではありませんが)。

それは、「もともと一般皮膚科診療だけだったが、美容皮膚科の技術も習得」/em>したことによって、併用するクリニックが増えてきたのです。

では何故、美容皮膚科の併用を考えるようになったのでしょうか。

例えば一般皮膚科に来られる患者様の中には、ホクロやシミに関する相談をされる方も多く来院されます。

もちろん一般皮膚科でも処方できる治療はありますが、残念ながら処方に限界があるのも事実です。

そこで美容皮膚科を併用していれば、自費診療としてレーザー治療を使用してホクロやシミを解消することができるのです。

さらに言うならば、患者様に対して「当院では治療していないので、美容診療を行っているクリニックに相談して下さい。」という必要もなくなります。/em>

※患者様にとっても、改めて他院を受診するといった手間暇がはぶけます。/em>

上記に明記した理由で、美容皮膚科と一般皮膚科を併用するクリニックが増えているのです。

私たち一般の患者からしても、美容皮膚科と一般皮膚科を併用するクリニックが多い方がメリットもあるのではないでしょうか。/em>

美容皮膚科で可能な施術

大阪のおすすめ美容皮膚科

PAGETOP
徹底比較ランキング