大阪の美容皮膚科ランキング > 美容皮膚科について > 美容皮膚科でのシミ治療とメンテナンスの必要性について

美容皮膚科でのシミ治療とメンテナンスの必要性について


美容皮膚科でのレーザーによるシミ治療はセルフケアよりも短い期間でシミを薄くすることが可能とされていますが、一度の施術で完全にシミをなくすことはできるのでしょうか。

ここでは美容皮膚科でのシミ治療とメンテナンスの必要性についてご紹介します。

美容皮膚科でのシミ治療について

美容皮膚科でシミを治療する方法はレーザーを使った施術が中心となり、施術後1~2週間程度は絆創膏や専用のテープなどで施術箇所を保護する必要があります。

たいていの場合は施術後2週間ほどで傷の具合をチェックし、1ヶ月後に経過観察をして今後の治療方針を決定します。

レーザーを使用しない治療法としてはケミカルピーリングやイオン導入などがありますし、内服薬や外用薬で治療するケースもあります

治療を継続するのかどうかは人により異なりますが、肌の状態だけでなく金銭面も考慮しなければなりませんので慎重に判断することが大切です。

メンテナンスの必要性について

レーザーでのシミ治療は1回の施術で完全にシミをなくすことは難しいとされており、濃く大きなシミであればあるほど治療回数も必要です。

また大きなシミが薄くなれば小さなシミが目立ってきてそれも治療したいと思う人も多く、シミの治療はある程度継続して行われることが多い傾向にあります。

シミをできるだけ薄く少なくしたいのであればメンテナンスが必要だといえます

また定期的にクリニックに通うことでシミ以外にもシワやたるみなど様々な肌トラブルについて相談することも可能です。

最近では美容皮膚科のかかりつけ医を持つ人も増えてきており、シミをはじめシワやたるみ、ほうれい線など治療を必要とする場合は適切な手順で症状に合った治療を受けることができます。

シミを何とかしたいのであれば、自分の肌の状態を把握するためにもかかりつけ医のもとで効率よくシミを治療してみてはいかがでしょうか。

美容皮膚科で可能な施術

大阪のおすすめ美容皮膚科

PAGETOP
徹底比較ランキング