大阪の美容皮膚科ランキング > 美容皮膚科について > 更年期障害で起こる肌トラブル、肌の悩みとは?!

更年期障害で起こる肌トラブル、肌の悩みとは?!


更年期の女性に起こる更年期障害は、ほてり、頭痛、めまいなど様々な症状が起こります。
その中で肌の悩みも出てくるのです。
ここでは更年期障害の肌の悩みについてまとめてみましょう。

更年期障害とは?

更年期障害は閉経を挟んだ前後10年間に起こる症状であり、閉経に伴う女性ホルモンのバランスの変化によって起こります。
突然女性ホルモン分泌量が急激に減少するため、そのバランスの変化に体がついていけず、様々な不調やトラブルを引き起こしてしまいます。

更年期障害で起こる肌のトラブルとは?

更年期障害では肌のトラブルも頻繁に起こります。
特によく起こるのが、肌の乾燥やかゆみ、湿疹やアレルギー症状、ニキビや吹き出物などです。
女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンと呼ばれる2種類があります。
閉経に伴い、女性ホルモンのエストロゲン分泌が急激に減少するため、2つのホルモンバランスが崩れてしまいます。
エストロゲンには肌の弾力性を保ったり、ヒアルロン酸を保持したり、コラーゲン生成を促進したりする働きがあります。
プロゲステロンは、肌に必要な皮脂分泌を促進する働きがあります。
エストロゲン分泌量が減ることで、もう1つのホルモンプロゲステロン分泌も減少してしまうと、肌が乾燥してしまうのです。
肌が乾燥し、ホルモンバランスが崩れると、肌のバリア機能が低下するため、小さい刺激に対しても肌が敏感に反応してしまうのです。

更年期障害による肌トラブルの解消方法とは?

更年期障害による肌の乾燥は徹底した保湿ケアがおすすめです。
保湿力が低下した肌は、肌のバリア機能も急激に低下しているため、少しの刺激でもアレルギー症状や湿疹、ニキビなどの肌トラブルを引き起こしてしまいます。
更年期の女性は、いつも以上に肌の保湿を心がけなければなりません。

美容皮膚科で可能な施術

大阪のおすすめ美容皮膚科

PAGETOP
徹底比較ランキング