大阪の美容皮膚科ランキング > 美容皮膚科について > 手術をしないアンチエイジング治療が人気

手術をしないアンチエイジング治療が人気


アンチエイジング治療と聞くと、以前であればメスを使った外科的な手術をするもの…というイメージが非常に強かったです。
しかし最近では手術をしないアンチエイジング治療が人気を集めています。
ここでは手術をしないアンチエイジング治療についてまとめてみましょう。

以前はメスを使うアンチエイジング治療が主流だった

年齢を重ねるごとに、気になるのが肌のたるみ、しわ、くすみ、しわなどの肌老化現象です。
これらの肌老化を一気に改善できる方法と言えば、美容整形手術です。
アンチエイジングできる美容整形はたくさんの種類がありますが、特にフェイスリフト手術は100年以上行われてきた一般的な外科手術です。
この治療は定番の手術であり、耳やこめかみあたりを切開して、たるんでいる皮膚を切除して縫合するという施術が以前はよく行われてきました。
この治療法は確実なたるみ改善効果が期待できる反面、傷が残りますし、安全性という面においてもリスクが高いです。
また手術後の赤みや痛み、腫れなどのダウンタイムも長いので、手軽にできる手術とは言えません。

メスを使用しない手術をしないアンチエイジング治療が人気

近年では手軽にできるアンチエイジング治療、安全性が高く、副作用の少ないアンチエイジング治療が、手術をする治療に比べて人気があります。
これらの治療はプチ整形とも呼ばれており、外科手術をしない医療行為になります。
アンチエイジング治療として人気なのは、ヒアルロン酸注射、コラーゲン注射などの注入系の施術であったり、サーマクールやウルセラなどレーザーを照射させる施術が人気です。
ヒアルロン酸注射では、ヒアルロン酸を肌に注入することで、肌のたるみやシワを改善していきます。
半永久的な効果は期待できないものの、半年~1年ほどは効果があり、安全性が高いので人気です。
サーマクール治療は高周波の治療器を用いて、リフトアップしたい部位に照射をする施術です。
傷跡が残らず、ダウンタイムがないのでメリットは大きいです。

美容皮膚科で可能な施術

大阪のおすすめ美容皮膚科

PAGETOP
徹底比較ランキング