何故、シミができるの?


知らない間に発生するシミ

鏡に写った自分の顔を見て、思わずビックリ…「シミができてる!」

このように30~40歳代になると、知らない間にシミを発生してしまうことがあります。

しかし何故、できてほしくないシミが発生してしまうのでしょうか。

ということでこの項では、シミが発生する原因についてふれてみたいと思います。

シミの原因

私たちは一歩外に出ると、日光という紫外線を無条件に浴びることになります。

そして実は紫外線の中には、シミの大敵が潜んでいるのです。

それが「メラニン」です。

つまり、こういうことです…「紫外線を浴びる→肌の深層部にメラニンが蓄積される(過剰生成)→その部分が地肌の色より濃く見える」~その部位がシミになるのです。

また厄介なことにいったんできてしまったシミは、メラニンが蓄積しやすい状態になるため次第に濃くなっていきます。

※ちなみに若い世代にシミが発生しにくい理由として、ターンオーバーが正常化しているからです。ターンオーバーが正常化すれば、肌の深層部に溜まったメラニンも排出されます。

このようにシミが発生する原因は、紫外線のメラニンによることが大きいのです。

私たちはシミを防ぐ方法として、日常的に紫外線(メラニン)対策が重要になってきます。

例えば外出する際に日焼け止めを使用したり、日傘や帽子を使用したり。

またさまざまな美白化粧品でお手入れすることによって、メラニンの過剰生成や蓄積を防ぐことも大切です(&サプリメントの摂取)。

もしみなさんの肌に厄介なシミがあることがわかったのであれば、是非とも上記に明記したことを実践してみてはいかがでしょう。

シミのメカニズムを知って正しいケアをすれば、改善&予防に繋がることを覚えておいてください。

シミの種類

ちなみに、シミの種類について少し触れておきます。

・老人性色素斑(=日光性黒子)

30~40歳代の方にできる典型的なシミが老人性色素斑です。

そして老人性色素斑は紫外線の当たりやすい部分「顔や腕/手の甲/肩」などに発生し、大きさは直径数mm~数cmになります。

・肝斑(かんぱん)

30~40歳代の方にできるシミで、眼の周囲を除く「両頬/口のまわり/鼻の下」など左右対称に発生する特徴があります。

そして肝斑は女性ホルモンの影響を受けるため、妊娠期間中に発生することもあります。

美容皮膚科で可能な施術

大阪のおすすめ美容皮膚科

PAGETOP
徹底比較ランキング