大阪の美容皮膚科ランキング > 美容皮膚科について > 一般皮膚科と美容皮膚科、いったいどこが違うの?

一般皮膚科と美容皮膚科、いったいどこが違うの?


一般皮膚科と美容皮膚科

皮膚科といえば、一昔前なら3割負担の一般皮膚科がほとんどでした。

しかし最近では、一般皮膚科とは異なる美容皮膚科(全額自己負担)も増えてきました。

一般皮膚科と美容皮膚科、いったいどこが違うのでしょうか。

この項では、一般皮膚科と美容皮膚科を別の視点から説明したいと思います。

肌を治療する/肌をキレイにする

一般皮膚科は保険診療のことで、原則として3割負担です。

かたや美容皮膚科は自由診療のことで、全額自己負担が原則です。

簡単にいえば、「一般皮膚科は安く美容皮膚科は高い」というイメージではないでしょうか。

しかし、一般皮膚科と美容皮膚科にはそれ以外の大きな違いがあることも忘れてはいけません。

それは「その治療だけで満足することができるかどうか!」ということです。

例えば、私たちがニキビを発症したとします。

一般皮膚科へ行けば、処方薬として軟膏をもらい治療を続けます。

もちろん、軟膏を塗ってニキビが治るなら一般皮膚科で問題ありません。

ただ人によっては、こう考えることもあるのです。

「軟膏を塗るだけでなら、ニキビ跡が治らない/どうしてもニキビによる肌の見た目が気になる」

つまり一般皮膚科は肌を治療するところで、美容皮膚科は肌を治してきれいにするところなのです。

それ故、美容皮膚科は一般皮膚科より少し高い費用を請求することになります。

※言い換えれば、美容皮膚科にはそれだけの施術価値があるということです。

※ちなみに、「保険診療+っ自由診療」を併用している美容皮膚科もあります。

選ぶのは個人の自由意思

今回は、一般皮膚科と美容皮膚科を別の視点から触れてみました。

肌がダメージを負ってしまうと、他人から見られる印象も変わってしまいます。

その肌のダメージをどう施術したいのかは、個人の自由になります。

もしみなさんが治りにくい肌のダメージを負っているなら、一般皮膚科でなく美容皮膚科を選択肢の1つに加えてみてはいかがでしょう。

※美容皮膚科の場合、ほとんどが無料カウンセリングを行っています。

美容皮膚科で可能な施術

大阪のおすすめ美容皮膚科

PAGETOP
徹底比較ランキング