大阪の美容皮膚科ランキング > 美容皮膚科について > しわの原因は紫外線(光老化)

しわの原因は紫外線(光老化)


紫外線と密接な関係のある光老化

シミを発生させる大きな原因の1つとして、紫外線があります。

しかし近年、紫外線だけでなくある特有の肌の老化現象によって、肌のシミやしわ・たるみの原因になることがわかったのです。

その肌の老化現象を「光老化」といいます。

5年後10年後の肌の状態を左右するといわれる光老化。

いったい、光老化とはどのような状態を表すのでしょうか。

ということでこの項では、紫外線と密接な関係のある光老化について触れてみたいと思います。、

光老化の特徴について

実は、光老化は紫外線に対する防御反応として現れる状態をいうのです。

例えば私たちは肌に紫外線を浴び続ければ、防御反応として肌がゴワゴワと厚くなり色も濃くなっていきます。

そして当然のことですが、それが原因で肌にシミやしわ・たるみが発生します。

その肌の状態を光老化というのです。

「肌の張りを保つ弾性線維が破壊され、お団子状態になる光線性弾性線維症という変化が起こる。」

また、光老化は加齢によってのみ発生するわけではありません。

あくまでも、光老化は弾性線維が機能しなくなったことで発生するのです。

光老化の予防法について

このように紫外線と共にシミを発生させる光老化ですが、どのような予防を心掛ければいいのでしょうか。

光老化を予防する場合、3つの方法が考えられます。

○日焼け止め

光老化を予防する最大の方法は、日焼け止めを使用することです。

ちなみに日焼け止めはSPF値の高さではなく、UVAをカットするPAの効果があるものを選びます。

○アフターケア

仮に日焼けをしてしまった場合、きちんとアフターケアさえすれば問題ありません。

ちなみに肌が赤くなり痛みを感じる場合、冷たいタオルで肌の熱を取り除いてから、化粧水や保湿クリームを塗ってください。

○美白化粧品

光老化を予防する場合、日焼け止めと併用してビタミンC誘導体を配合した美白化粧品を利用する必要があります。

ちなみに、ビタミンC誘導体を配合した美白化粧品には次に挙げる効果があります。

・活性酸素による肌細胞の老化防止(=抗酸化作用)。
・メラニンの生成を抑制(→シミを予防)。
・肌のターンオーバーを促し、メラニンの排出を早める。
・メラニンを還元してシミを薄くする。

美容皮膚科で可能な施術

大阪のおすすめ美容皮膚科

PAGETOP
徹底比較ランキング