大阪の美容皮膚科ランキング > 美容皮膚科で可能な施術 > 顔の筋肉を鍛えればほうれい線を改善することができる 

顔の筋肉を鍛えればほうれい線を改善することができる 


見た目の年齢を引き上げるほうれい線

笑ってもいないのに、口元に「八の字」のようなシワが刻まれている。

それが「ほうれい線」です。

女性にとって、ほうれい線は本当に悩ましい問題です。

何故なら深く刻まれたほうれい線は、女性の見た目の年齢を引き上げてしまうからです。

私たちはそんな悩ましいほうれい線を、どのように改善することができるのでしょうか。

ということでこの項では、ほうれい線を改善する方法について触れてみたいと思います。

ほうれい線の改善法について

ほうれい線ができてしまう原因は、次の2つが考えられます。

「加齢と共に顔の筋肉が衰え、皮下脂肪が重たく弛んでしまう/加齢によって肌のハリと弾力が低下して、皮膚が垂れ下がってしまう」

この2つを改善すれば、ほうれい線を消すことも夢ではないのです。

では実際に、ほうれい線の改善法について説明したいと思います。

○割り箸で表情筋エクササイズ

「口輪筋・大頬骨筋・小頬骨筋」の3つの表情筋の筋肉が低下すれば、ほうれい線が発生します。

だから表情筋を鍛えれば、ほうれい線を防ぐことができるのです。

・上下の前歯で割り箸を咥えます。

・割り箸のラインよりも口角が上がることを意識しながら、「い」の口で30秒~1分間程度キープします。

これをすれば表情筋が鍛えられるだけでなく、リフトアップ効果にも繋がります。

○口輪筋を鍛える顔ヨガ

顔ヨガといえば、間々田佳子さんが考案した「ひょっとこ口」がほうれい線に効果があります。

・頬の肉を、ひょっとこのように思い切りすぼめます。

・口をすぼめた状態で、頬の肉を意識しながら左右になるべく大きく動かします。

口輪筋を鍛えると頬のたるみが解消され、ほうれい線も改善されます。

この他にも、「べろ回し体操」という改善法もあります。

まずは表情筋を鍛えよう

上記に明記したほうれい線の改善法は、体力を消耗するようなエクササイズではありません。

誰でも、いつでも簡単にできる表情筋のトレーニングです。

そして(顔の筋肉である)表情筋は筋肉も小さいので、トレーニングをすればするほど効果が出やすい傾向にあります。

深くほうれい線が刻まれる前に、早急にほうれい線の改善法トレーニングをすることをお勧めします。

そうすればほうれい線も改善され、年齢も若返って見えると思います。

美容皮膚科で可能な施術

大阪のおすすめ美容皮膚科

PAGETOP
徹底比較ランキング