大阪の美容皮膚科ランキング > 美容皮膚科で可能な施術 > 薄茶色のシミ:肝斑(かんぱん)を治療するには

薄茶色のシミ:肝斑(かんぱん)を治療するには


30~40代の女性に発症する肝斑

みなさんは、肝斑(かんぱん)という言葉をご存知でしょうか。

肝斑はシミのことを言いますが、実はシミはシミでも少し厄介な症状なのです。

ということでこの項では、肝斑の特徴について触れてみたいと思います。

一般的に、肝斑は30~40代の女性に多く見られる薄茶色のシミをいいます。

そして肝斑の特徴として、シミが左右対称に発症することが挙げられます。

例えば頬や額といった部分ではなく、目の下を縁取るようにのっぺりと発症するシミ…。

このように少し変わった発症の仕方をする肝斑のシミの原因は、女性ホルモンのバランスの崩れだと考えられています。

※特に、女性ホルモンのバランスが崩れる更年期障害に差し掛かった時に発症する傾向にあります。

ちなみに、肝斑のシミはホルモンバランスが安定する閉経後に薄くなるケースもあります。

どちらにしても肝斑は再発する可能性も高く、長期的な治療を必要とするシミなのです。

肝斑の治療法について

ではここで、肝斑の治療法について説明したいと思います。

基本駅に肝斑は内服薬と外用薬、そして美容治療が処方されます。

○内服薬

処方される内服薬は「ビタミンC・トラネキサム酸・L-システイン」等々で、その中でもトラネキサム酸は色素沈着を抑制する作用があります。

○外用薬

処方される外用薬は、ハイドロキノンやトレチノイン等々があります(→それ以外に美白外用剤を組み合わせることもあります)。

○美容治療

肝斑の美容治療として、レーザートーニングが使用されます。

レーザートーニングは非常に弱いパワーで平らに照射ができる特殊なレーザーで、肌の真皮層に蓄積したメラニンを少しずつ減らしていくことができます。

※ちなみにレーザートーニングはシミ以外に、肌のくすみや毛穴の開きにも治療効果があります。

発症したらすぐに相談

肝斑のシミをケアする場合、紫外線を阻害することが予防の近道になります。

しかし(残念ながら)、肝斑はセルフケアでは完全に改善することはできません。

それ故、万が一肝斑を発症した場合、早急に皮膚科やクリニックに相談するようにしましょう。

美容皮膚科で可能な施術

大阪のおすすめ美容皮膚科

PAGETOP
徹底比較ランキング