大阪の美容皮膚科ランキング > 美容皮膚科で可能な施術 > エステと美容皮膚科の決定的な違い

エステと美容皮膚科の決定的な違い


エステと美容皮膚科には明確な違いがある

一見すると、エステと美容皮膚科に決定的な違いがあるとは思えないかもしれません。

何故なら一般の人から見ると、エステも美容皮膚科も同じような行為をしているように見えるからです。

しかし、エステと美容皮膚科には明確な違いがあるのです。

ということでこの項では、エステと美容皮膚科の違いについて触れてみたいと思います。

医師が常勤する美容皮膚科、リラクゼーションを求めるエステ

エステと美容皮膚科の最大の違いは、「医師がいて、医療行為をすることができるかどうか」ということです。

例えば美容皮膚科にはいつも医師が常勤し、患者様を診察したり処方箋を出して薬をもらうことができます。

しかしエステには医師が存在しないため、医療行為(処方箋)をすることはできません

このように医療行為の有無が、エステと美容皮膚科のもっとも大きな違いになるのです。

次にエステや美容皮膚科では美肌のように同じような医療的行為をしているわけですが、いったい何が違うのでしょうか。

○美容皮膚科は皮膚を医学として捉え、最新医療治療で美肌やアンチエイジングを提供する臨床医学分野をいいます。

○エステは心理的な快適さや心地よさを目指し、「脱毛・痩身・フェイシャル」などを中心にした美容施設をいいます。

つまり美肌や脱毛・アンチエイジングを本格的に求めるなら美容皮膚科を選ぶべきで、ストレス解消といったリラクゼーションを求めるならエステを選ぶべきだということです。

脱毛施術の違い

ではここで脱毛を例にあげて、エステと美容皮膚科の施術の違いを明記したいと思います。

脱毛は、エステでも美容皮膚科でも受けることができます。

しかし、脱毛はその機材に大きな違いがあるのです。

エステの脱毛は、フラッシュライトや電気などを利用した施術を行います。

そして美容皮膚科の脱毛は、医療レーザー(医用電気)を使用した施術を行います。

その中で医療レーザーは美容皮膚科でしか使用することはできず、脱毛効果は一番高いといわれています。

また脱毛で火傷した場合、美容皮膚科はその場で医師が処方をしますが、エステは医師がいないので美容皮膚科へ連れて行く必要があります。

※美容皮膚科でできて、エステではできないことがあります。

美容皮膚科で可能な施術

大阪のおすすめ美容皮膚科

PAGETOP
徹底比較ランキング